広島市安佐南区の小児科
祇園ふたばこどもクリニック
電話
小児科、循環器小児科
〒731-0137 広島県広島市安佐南区山本三丁目1-12
Tel. 082-871-7770
【診療時間】
平日 8:30~12:00、13:30~18:00
土曜日 8:30~12:00
【休診日】木曜・土曜午後、日曜祝日
起立性調節障害

原因と症状

起立性調節障害とは、自律神経系の異常で循環器系の調節がうまくいかなくなる病気です。立ち上がった時に血圧が低下したり、心拍数が上がり過ぎたり、調節に時間がかかりすぎたりします。自律神経系が不安定になることが要因の一つに挙げられます。⼩学校⾼学年〜中学生に多くみられ、特に真面目で気を遣うタイプの子どもが起立性調節障害になりやすいと言われています。起立性調節障害は、あくまでも体の病気であり、本人が頑張ればどうにかなるということではありません。

起立性調節障害の症状は、思春期のお子さんにしばしば見られ、代表的な症状には、「立ちくらみ」「疲れやすい」「⻑時間立っていられない」などがあります。また、朝起きられないことから、不登校になる割合も多いことが知られています。症状があればすべてを病気として扱う必要はありませんが、生活に支障をきたしている場合は診察を受ける必要があります。

検査

以下の症状のうち、3つ以上該当し、鉄欠乏性貧血や心疾患、神経疾患、内分泌疾患など別の病気を患っていなければ、起立性調節障害を疑い、起立試験を行って診断します。

【起立性調節障害の代表的な症状】
✓ 立ちくらみ、あるいはめまいを起こしやすい
✓ 立っていると気持ちが悪くなる、ひどくなると倒れる
✓ 入浴時あるいは嫌なことを見聞きすると気持ちが悪くなる
✓ 少し動くと動悸あるいは息切れがする
✓ 朝なかなか起きられず午前中調子が悪い
✓ 顔⾊が⻘⽩い
✓ 食欲不振
✓ 臍疝痛をときどき訴える
✓ 倦怠感あるいは疲れやすい
✓ 頭痛
✓ 乗り物に酔いやすい

治療

起立性調節障害の治療の基本は適度な運動と水分・塩分摂取、生活リズムの改善を試みます。

効果が不十分な場合には薬物療法も併用します。

軽症の場合は数ヶ月以内に症状が改善しますが、翌年の同じ時期に再発することもあります。中等度以上の場合でも適切に対応すれば16〜17歳以降は9割程度は改善するといわれていますが、成人した後も体調不良時には症状が出現することもあります。

ご家庭で気を付けること

寝た状態や座った状態から急に立ち上がらず、30 秒以上かけてゆっくりと立ち上がるようにしましょう。頭を上げて立ち上がると脳血流が低下して気分が悪くなるため、朝起きるときは頭を下げたまま歩き始めるようにしましょう。日中は身体を横にせず、早寝早起きなど生活リズムを正しくしましょう。学校の体育の見学は日陰か室内でして下さい。

起立性調節障害は体内の血液量が少なくなるため、循環している血液量を増やすために水分と塩分をしっかりと摂りましょう。

起立性調節障害は心の影響を受けやすく、ストレスは症状悪化の大きな要因になります。症状がひどく登校できないことをつらく感じているときは、そのつらさを理解し、頑張っていることを評価することがとても重要です。「午後からなら登校できる、行事や部活動なら行ける、遊びになら行ける」などは体調が万全でないときの起立性調節障害の子どもには良くあることです。心の負担なくこれらができるように、症状があっても充実した生活ができるように、周囲で協力して見守りましょう。

WEB予約WEB予約
WEB問診WEB問診